楽水

人々の創造が自由に表現できる舞台づくり

DX ビジネス

【DXの進め方】ビジネスプロセスとは何か

投稿日:


前回の記事「バリューチェーンと業務分析」では、バリューチェーンを構成する各活動領域ごとに次のような観点で業務を分析すると説明しました。

この中の活動の分析に、ビジネスプロセスという言葉があります。
今回は、このビジネスプロセスとは何か説明します。
ビジネスプロセスとは何か。
ここでは、
それを構成する活動が資産を消費することで、ステークホルダーに価値を生み出し、結果的に資産の状態を変化(増減)させる組織横断的な単位
と定義します。
※ステークホルダー(ビジネスの利害関係者)には、顧客だけでなく社員や株主、パートナーなどがあります。

ビジネスプロセスは活動から構成されるので、ビジネスプロセスの単位で業務フローを作成します。
業務フローには、ビジネスプロセスの本質的な流れを示す「アクティビティフロー」と、それを構成するアクティビティをさらに詳細化した「アクションフロー」があります。

アクティビティフローを構成する「アクティビティ」は、「受注」、「出荷」など、ビジネスプロセスを構成する本質的な活動を表し、アクションフローを構成する「アクション」は、「〜の記録」、「〜の報告」、「〜の承認」、「〜の確認」など、これ以上分けることができない動作の単位になります。
企業全体のビジネスプロセスを明確にしたい場合は、バリューチェーンを構成する各活動領域ごとに、どのようなビジネスプロセスがあるか定義します。

前回の記事「バリューチェーンと業務分析」で説明したように、バリューチェーンは、事業ごとの主要活動と、事業、あるいは、企業全体で共通の支援活動に分けることができます。
なので、次のように、主要活動のビジネスプロセスは、支援活動のビジネスプロセスを共有するかたちになります。

さて、ビジネスプロセスを定義するときに重要なのは、価値を提供するステークホルダーを明確にするということです。
価値を提供する相手を考えることで、

  • 本当に価値を生み出す活動は何か
  • 価値を生み出していない活動は何か
  • 価値を生み出す活動をもっと効果的に行うにはどうすべきか
  • 価値を生み出していない活動はどうするか、削除、あるいは、削減するか、フローを変えるか、代替する手段はないか

など業務フローを構成する各活動を分析し、業務を改善することができるようになります。

-DX, ビジネス

執筆者:

関連記事

【DXの進め方】バリューチェーンと業務の分析

記事「DXによる企業変革の進め方」では、 既存の事業を運営しながら、 企業基盤の構築 事業の深化と探索 という、2つのプロセスを並行させて企業を再構築する方法について解説しました。 そこでは、まず、設 …

ドメイン駆動設計入門【DDDをわかりやすく解説】

突然ですが、エンジニアの皆さま、Javaで開発したWebアプリケーションの構成、このようになっていませんか? データとgetter/setterだけのオブジェクト(JavaBean) 画面のコントロー …

ブロックチェーンとは【わかりやすく解説】

2008年、サトシ・ナカモトと名乗るの人物が、Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash Systemという論文をインターネット上に投稿しました。 その論文で、信頼 …

データマネジメント知識体系【DMBOK】とは

5Gが普及すると、ますます、IoTなどにより発生するビッグデータを、AIを活用してビジネスに活かすことが当たり前になってきます。 データは21世紀の石油と言われています。 「稼ぐ力を持つ資産としてのデ …

DXを成功させる3つの鍵

前回の記事「なぜDXをする必要があるのか?」でも説明しましたが、 DXとは、 企業を データやデジタル技術を活用することで 環境の変化に応じて迅速に事業を変革・創出し 顧客を中心としたステークホルダー …