楽水

人々の創造が自由に表現できる舞台づくり

開発環境

MongoDBのインストール【MacOS】

投稿日:2020年10月5日 更新日:


ここでは、MacにMongoDBをインストールする方法について解説します。

環境
Mac : 10.11.7(macOS Ctalina)
Homebrew : 2.5.2
MongoDB : 4.4.0

1.Homebrewのパッケージを最新にする

$ brew update

2.MongoDBのTapのインストール

MongoDBは公式のMongoDBソフトウェアのTapが準備されているので、まずTapのインストールを行います。
Tap(brew tap)とは公式以外のリポジトリをフォーミュラとしてHomebrewに追加するものです。

$ brew tap mongodb/brew

3.MongoDBのインストール

$ brew install mongodb-community

mongodbの設定ファイルが/usr/local/etc/mongod.confに作成されます。
中身を見るとデータベースおよびログの保存先が記述されています。

systemLog:
destination: file
path: /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
logAppend: true
storage:
dbPath: /usr/local/var/mongodb
net:
bindIp: 127.0.0.1

4.MongoDBのバージョンを確認する

$ mongod –version
db version v4.4.0
Build Info: {
“version”: “4.4.0”,
“gitVersion”: “563487e100c4215e2dce98d0af2a6a5a2d67c5cf”,
“modules”: [],
“allocator”: “system”,
“environment”: {
“distarch”: “x86_64”,
“target_arch”: “x86_64”
}
}

5.MongoDBの起動

$ brew services start mongodb-community

MongoDBをバックグランドプロセスとして自動起動させたい場合は、brew services startコマンドを実行します。
これによってマシンを再起動してもMongoDBがバックグランドで動きます。

6.MongoDBの停止

$ brew services stop mongodb-community

これによって、バックグランドプロセスで動いているMongoDBが停止します。

7.MongoDBへの接続

$ mongo

以下のようなMongoDBのプロンプトでMongoDBを操作することができます。

>

7.MongoDBからの切断

>exit

これによってMongoDBから切断されます。

以上、今回は、MacにMongoDBをインストールする方法について解説しました。

-開発環境

執筆者:

関連記事

MongoDBのコマンドをわかりやすく解説

MongoDB(モンゴDB)は、Server Side Public License (SSPL) で提供されるドキュメント指向型データベースです。 開発とサポートはMongoDB Inc.が行なって …

PostgreSQLのインストール【CentOS7】

ここでは、CentOS7に最新のPostgreSQLをインストールする方法について解説します。 インストールしたCentOSバージョンは CentOS Linux release 7.2.1511 ( …

MongoDBのインストール【CentOS7】

ここでは、CentOS7に最新のMongoDBをインストールする方法について解説します。 インストールしたCentOSバージョンは CentOS Linux release 7.2.1511 (Cor …

CocoaPodsとは何か?わかりやすく解説

iOSのライブラリ管理ツールCocoaPodsについてご存じでしょうか。 今回は、以下の観点でCocoaPodsについて解説します。 CocoaPodsとは CocoaPodsのインストール方法 Co …