楽水

人々の創造が自由に表現できる舞台づくり

メンタルトレーニング

慈悲喜捨を育てる

投稿日:2021年3月5日 更新日:


皆さまは、慈悲(じひ)という言葉を使ったことがあるでしょうか。
慈悲深い、慈悲がない、慈悲を乞う(こう)など。
最近、利他という言葉とセットで慈悲を使うことがあるようです。
今回は、この慈悲に、喜捨(きしゃ)をつけた慈悲喜捨(じひきしゃ)について以下の観点で解説します。

  • 心所における慈悲喜捨
  • 慈悲喜捨の背景
  • 慈悲喜捨の効果
  • 慈悲喜捨を育てる方法

本記事の出所は、
自分を変える気づきの瞑想法【第3版】: ブッダが教える実践ヴィパッサナー瞑想

ブッダの実践心理学 (アビダンマ講義シリーズ―第3巻 心所(心の中身)の分析)

です。

心所における慈悲喜捨

ブッダの実践心理学では、仏教の聖典、三蔵(律蔵、経蔵、論蔵)の論蔵を構成するアビダンマ(論)について解説しています。
論蔵は、ブッダの教えに対する解釈・注釈書で、ブッダの教えの知識体系(Body of Knowledge)になります。
アビダンマでは、
心に溶け込んでいるさまざまな感情や衝動
心所という名前で定義しています。
心とは対象を認識する働きのことで、心は、そこに溶ける心所によって分類することができます。
例えば、心が水だとすると、水は溶けるもの(心所)によって紅茶やコーヒーなど種類が違ってきます。

さて、心所の分析では、心所を以下のように、大きく3種類、全体で52種類に分類しています。

  • 同他心所(13種類)
    どんな心にも必ず生まれる心所。
  • 不善心所(14種類)
    悪い(不善である)心所。
  • 浄心所(25種類)
    清らかな心所。


さらに、浄心所は、以下のように分類されています。

  • 共浄心所
    善い心には必ずある心所。
  • 離心所
    八正道のうち戒律に関係する正語、正業、正生に関する心所。
  • 無量心所
    限りなく広げてよい心所。
  • 慧根心所
    智慧に関する心所。


慈悲喜捨は、このうち、限りなく広げてよい無量心所に属します。
それでは、一つ一つ見ていきましょう。

慈とは、「幸せになってほしい」と思いやる心です。
ただ、仏教の場合、無量の心なので、人だけでなく、一切の生命に対する思いやりになります。
慈の心を育てる実践をしましょう。
慈の心が成長すると、怒りが現れなくなります。

悲とは、苦しみをなくしてあげたくなる心です。
親しい人には、助けてあげたいという気持ちが生まれますが、仏教の場合、無量の心なので、人だけでなく、一切の生命に対する気持ちになります。
お釈迦様は、生きることが自体が、苦しいことだと説きます。
一つ一つの生命、それぞれが、それぞれの苦しみを持っているのです。
このどうしようもない苦しみをなくしてあげたい、という気持ち、これが悲です。
悲の心を育てる実践をしましょう。
悲の心が成長すると、恨み、憎しみ、落ち込みが機能しなくなります。

喜は、人の幸せを見て、一緒に喜ぶ心です。
なので、悲とは正反対の心です。
親しい人に対する喜びは生まれますが、仏教の場合、無量の心なので、人だけでなく、一切の生命に対する気持ちになります。
人の成功に対して嫉妬すると、嫉妬という悪行為が業となって、自分を失敗に導きていきます。
人が成功したのは、その人が日々努力した結果なのだなと、一緒に喜ぶことができれば、それが自分の善行為にもなります。
喜の心を育てる実践をしましょう。
喜の心が成長すると、嫉妬がなくなり、明るくなります。

最後は、捨です。
捨は、一切の生命に対する平等な心です。
普通の心は自分と他を区別します。
この区別から差別が生まれます。
差別から競争が生まれます。
捨の心を育てる実践をしましょう。
捨の心が成長すると、穏やかになり、争いがなくなります。

慈悲喜捨の背景

次に、慈悲喜捨の背景には何があるのか説明します。
慈悲喜捨の背景には、生命は一つのネットワークでできているという真理があります。

これは、慈悲喜捨だけではなく五戒の背景にもなります。
人が生きているということは、他の生命との関わりです。
私たちの体の中にもいろいろな生命がいます。
それが互いに仲良く、協力しあって生きているのです。
つまり、他の生命の協力がないと一瞬たりとも生きていられないのです。
他の生命から協力を受けているということは、自分も他の生命に協力する必要があります。
協力をやめた時点で、ネットワークからはじき出されて生きる権利を失ってしまいます。
生命を構成するネットワークに協力して幸せに生きる、というのが慈悲喜捨や五戒の考え方です。

慈悲喜捨の効果

慈悲喜捨を育てることによって、怒り、恨み、憎しみ、落ち込み、嫉妬がなくなり穏やかで幸せになる、といいました。
ここでは、業(ごう)という観点で、なぜ、幸せになるのか見ていきましょう。
自業自得という言葉があります。
これは、

  • 善い行為は、善い結果を招いて
  • 悪い行為は、悪い結果を招く

という意味です。
仏教では、業とは行為の結果現れるポテンシャルエネルギーのようなものだと説きます。

  • 善い行為の結果を善業
  • 悪い行為の結果を悪業

といいます。
ここで、心の中に待ち行列のようなものがあると想像してください。

善い行為をすると、この待ち行列に善業がたまり、悪い行為をすると悪業がたまります。
善業は、条件が整ったタイミングで善い結果となって現れ、悪業は、条件が整ったタイミングで悪い結果となって現れます。
善い結果は、人を幸福にし、悪い結果は、人を不幸にします。
この待ち行列ですが、悪業よりも善業の方が優先順位が高くなります。
なので、たくさん善い行為を行えば、善業が悪業の前に溜まっていき、悪業が働くタイミングを逸失させてしまいます。
そのうち、寿命が尽きて、結果的に、人生は幸せだったということになります。
さて、慈悲喜捨を育てる行為ですが、これは代表的な善行為です。
なので、慈悲喜捨を育てれば、育てるほど、幸せになっていくのです。

慈悲喜捨を育てる方法

それでは、どのようにして慈悲喜捨の心を育てればよいのでしょうか。
その方法が、慈悲の瞑想です。
人は誰でも自分が一番大切です。
仏教では、この事実を素直に認めます。
次に、自分の親しい人が大切です。
これも事実です。
なので、慈悲の瞑想は、この二つの事実を受け入れた後に、無量の世界に入っていきます。
つまり、生きとし生けるものの幸せを願うのです。
それでは、
自分を変える気づきの瞑想法【第3版】: ブッダが教える実践ヴィパッサナー瞑想

にある慈悲の瞑想を紹介します。
心をこめて以下の文章を唱えます。

私は幸せでありますように
私の悩み苦しみがなくなりますように
私の願いごとが叶えられますように
私に悟りの光が現れますように
私は幸せでありますように(3回繰り返します)
ここで、「私は幸せでありますように」と心の中でゆっくり念じます。

私の親しい生命が幸せでありますように
私の親しい生命の悩み苦しみがなくなりますように
私の親しい生命の願いごとが叶えられますように
私の親しい生命にも悟りの光が現れますように
私の親しい生命が幸せでありますように(3回繰り返します)
ここで、「私の親しい生命が幸せでありますように」と心の中でゆっくり念じます。

生きとし生けるものが幸せでありますように
生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように
生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように
生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように
生きとし生けるものが幸せでありますように(3回繰り返します)
ここで、「生きとし生けるものが幸せでありますように」と心の中でゆっくり念じます。

以上、今回は、慈悲喜捨について解説しました。

-メンタルトレーニング

執筆者:

関連記事

なぜマインドフルネスはストレスを低減するのか

最近、「マインドフルネス」という言葉をよく耳にするようになりました。 皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 アップル創業者のスティーブ・ジョブスが禅やマインドフルネスに傾倒していたこと …

心を分類する【貪瞋痴の正体】

前回、お釈迦様が発見された4つの真理、四聖諦について解説しました。 今回は、 ストレスや悩み苦しみから解放されたいという方 を対象に 心を分類する というテクニックについて解説します。 これは、書籍「 …

五戒を守る

ここでは、五戒を守るとはどういうことか、以下の観点で解説します。 戒律とは何か なぜ五戒を守るのか 参考本 成功する生き方 「シガーラ教誡経」の実践 (角川文庫) 戒律とは何か 仏教でいう道徳、つまり …

四聖諦とは何か【わかりやすく解説します】

仏教、つまり、ブッダの教えの中に四聖諦(ししょうたい)があります。 皆さんの中にも聞いたことがあるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは、この四聖諦について以下の観点で解説します。 四 …

成功する人が鍛えている能力【四神足:意思、精進、観察力、認識力】

成功する人はどこが違うのだろう。 そんな疑問をいだいたことはありませんか? 今回は、ブッダが進める、成功するために鍛えるべき4つの能力「四神足」について以下の観点で解説します。 四神足とは 意思とは …