楽水

人々の創造が自由に表現できる舞台づくり

DX

エンタープライズアーキテクチャ(EA)

投稿日:


これは、経営方針とエンタープライズアーキテクチャ(Enterprise Architecture:EA)のモデルを表した図です。

エンタープライズアーキテクチャのアーキテクチャですが、これは、もともと建築用語で、建物のデザイン、建築様式を表す言葉です。
ここでは、アーキテクチャを一般化して、
システム(相互に影響を及ぼし合う要素から構成される、まとまりや仕組みの全体)の基本的な仕組(構造×振舞)
と定義します。
アーキテクチャは、
システムの目的と、
それを仕組として実現するための要件(設計思想)
に基づいて設計され、モデルとして表現されます。

ここでは、EAについて次の観点で解説します。

EAとは

EAとは、ビジネス要件(戦略の実現、各種報告の信頼性確保、各種法規の遵守)を満たす企業全体の仕組を、ビジネス、データ、アプリケーション、データの観点でモデル(青写真)として表したものです。
ビジネス要件にある「戦略の実現」とは、事業戦略(マーケティング戦略や人事戦略など)の型である戦略マップの各視点の成功要因(財務目標、顧客価値、製品価値、戦略目標、人的資本目標、情報資本目標、組織資本目標)を実現することです。
なので、ビジネス要件は、ビジネスやシステムの仕組と事業戦略を規定します。
EAは、企業の戦略をどうビジネスとシステムの仕組として実現すればよいかを表した設計図なのです。
戦略とは企業全体の資産や活動をどの領域に集中するか考える過程です。
なので、EAは、企業の資産や活動を全体最適化する(必要な資産や活動を、戦略的に重要な領域に集中させ、企業全体のムリ、ムダ、ムラを無くし、最も経営上の効果が上がる状態にする)ための見取り図になります。
EAは次の4つの階層構造で表すことができます。


さて、EAを考えるフレームワークにザックマンフレームワークがあります。
これは、IBMのコンサルタントだったジョン・A・ザックマン(John A. Zachman)が考案したもので、企業階層(縦軸)と5W1H(横軸)のマトリックスで会社の業務とシステムを整理するためのフレームワークです。

出典:Wikipedia
このザックマンフレームワークですが、5W1H×レイア構造のフレームワークであるビジネスストラクチャマトリクスに対応づけることができます。
ザックマンフレームワークのプランナーとオーナーの視点がレイア構造の概念レベル(型)、デザイナーの視点が論理レベル(種類)、ビルダー、プログラマー、ユーザーの視点が物理レベル(実例)になります。

BAとは

BAとは、
ビジネス要件(戦略の実現、各種報告の信頼性確保、各種法規の遵守)を実現すためのビジネスの仕組をモデル(青写真)として表したもの
です。

  • BAの静的モデル(構造)
    BAの静的モデルには、組織構成、資産構成、場所構成があります。
    ※資産のうちアプリケーション、データ、ITは除きます。
  • BAの動的モデル(振舞)
    BAの動的モデルには、ビジネスプロセス、業務フロー、アクションプラン、ワークフローがあります。

これらは、ビジネスストラクチャマトリクスビジネスストラクチャマトリクスでいうと次の図の赤枠の部分をモデル化したものになります。

次の例のように、ビジネス要件は、ビジネスの仕組と事業戦略を規定します。

  • ビジネス要件である顧客の価値観や顧客分類基準は、事業戦略の顧客セグメントを規定します。
  • ビジネス要件である製品の価値提案や製品分類基準は、事業戦略の製品カテゴリを規定します。
  • ビジネス要件である財務報告の信頼性確保(内部統制)は、ビジネスの仕組であるジョブの構成(職務分掌)を規定し、結果的に事業戦略の部門構成を規定します。
  • ビジネス要件である戦略目標は、ビジネスの仕組であるビジネスプロセスのタスク構成を規定し、結果的に事業戦略のアクションプランを規定します。
  • ビジネス要件である戦略目標は、ビジネスの仕組であるタスクのガイドラインを規定し、結果的に事業戦略のアクションを規定します。

DAとは

DAとは、
ビジネス要件(戦略の実現、各種報告の信頼性確保、各種法規の遵守)に対するデータ要件(データの品質要件とセキュリティ要件)を実現するデータの仕組をモデル(青写真)として表したもの
です。
データ要件は戦略マップの情報資本(データ)目標になります。

  • DAの静的モデル(構造)
    DAの静的モデルはエンタープライズデータモデル(EDM:Enterprise Data Model)です。
    エンタープライズデータモデルは、全体的でエンタープライズレベルの実装に依存しない概念または論理データモデルであり、企業全体にわたるデータに関して一貫した共通のビューを提供します。
    EDMには、企業の重要なデータ、それらの間の関係、重要な手引きとなるビジネスルール(ビジネスメタデータとして記録する)、いくつかの重要な属性が含まれます。
    これらは、すべてのデータが関連するシステム開発プロジェクトの基礎を定めているので、どのプロジェクトのレベルのデータモデルもEDMに基づいている必要があります。
  • DAの動的モデル(振舞)
    DAの動的モデルはデータフローです。
    データフローは、データがビジネスプロセスやシステムをどのように移動するかを示すものです。
    これは、データリネージュ(データの系統)のドキュメントであり、データの発信元、格納場所、使用場所、さまざまなプロセスとシステムの内部や間を移動する際に、データがどのように変換されるかを示します。
    重要なのは、戦略的に重要なデータがどの業務活動で生成・収集、変換・蓄積、利活用、破棄されるのか、業務活動とデータライフサイクルの関係を抑えるとです。
    これによって、データ品質を維持・向上させるためには、どの業務活動をどう設計、あるいは、改善すべきかあたりをつけることができます。

これらは、ビジネスストラクチャマトリクスビジネスストラクチャマトリクスでいうと次の図の赤枠の部分をモデル化したものになります。

AAとは

AAとは、
ビジネス要件(戦略の実現、各種報告の信頼性確保、各種法規の遵守)に対するアプリケーション要件(アプリケーションの機能要件と非機能要件)を実現するアプリケーションの仕組をモデル(青写真)として表したもの
です。
アプリケーション要件は戦略マップの情報資本(アプリケーション)目標になります。

  • AAの静的モデル(構造)
    AAの静的モデルはアプリケーション構成です。
  • AAの動的モデル(振舞)
    AAの動的モデルはアプリケーション連携モデルです。
    アプリケーション連携モデルは、アプリケーション間のデータ連携を表したデーフローと同じです。

これらは、ビジネスストラクチャマトリクスビジネスストラクチャマトリクスでいうと次の図の赤枠の部分をモデル化したものになります。

TAとは

TAとは、
ビジネス要件(戦略の実現、各種報告の信頼性確保、各種法規の遵守)、データ要件、アプリケーション要件に対するテクノロジー要件(主に可用性、キャパシティ、セキュリティ要件)を実現するテクノロジーの仕組をモデル(青写真)として表したもの
です。
テクノロジー要件は戦略マップの情報資本(IT)目標になります。
TAは、次の基盤から構成されます。

  • IT基盤
  • コミュニケーション基盤
  • データ管理基盤
  • アプリケーション基盤
  • BPM基盤

これらは、ビジネスストラクチャマトリクスビジネスストラクチャマトリクスでいうと次の図の赤枠の部分をモデル化したものになります。

-DX

執筆者:


  1. […] 3;マネジメントは、EAのビジネスアーキテクチャ(BA)を設計し、ビジネス&#12 […]

  2. […] ここでは、エンタープライズアーキテクチャ(EA)の一要素であるビ&#12472 […]

関連記事

データマネジメント

これは、データマネジメン&#12 …

【実践!DX】基幹システムの構築

DX戦略の考え方という記事で&# …

ドメイン駆動設計(DDD)の実装

ここでは、ヘキサゴナルア&#12 …

【実践!DX】データアーキテクチャの設計

前回、データマネジメント&#12 …

ビジネスの仕組化

「ビジョナリーカンパニー&#12 …