楽水

人々の創造が自由に表現できる舞台づくり

DX

DX戦略マップ

投稿日:


これは、DXの戦略マップを表した図です。

ここでは、DX戦略マップについて次の観点で解説します。

DX戦略マップの概要

DX戦略マップは、経済産業省が行ったDX調査2020にある「DXで取り組むべき3つの分野」がベースになっています。

まず、戦略マップの土台となるのが企業情報基盤です。
これは、DXのベースとなる企業の中枢神経になります。
企業情報基盤を通して、さまざまな業務課題を解決することで、その結果が中枢神経にフィードバックされることで、企業情報基盤が学習し、さらなる企業の成長をもたらします。
企業情報基盤は企業の土台です。
しっかりした信頼できる土台を築き上げることで、環境の変化に応じて、その上の仕組を自由に変化させることができるのです。
次に、企業情報基盤として設計、構築されたIT基盤、データ管理基盤、アプリケーション基盤、BPM基盤を運営することでデータドリブン経営を実現します。
ここでいうデータドリブン経営ができている状態とは、
社員一人ひとりがデータを活用して自律的に業務課題を解決することができる状態
のことです。
特定のマネジメントがデータを活用して企業の方向づけを行うだででなく、全社員が自律的にデータを活用して、各レベルの業務課題を解決することができる状態を目指します。
なので、全社員共通の価値観をベースとした組織文化が醸成されている必要があります。
その結果、データドリブン経営は、企業に革新的な生産性の向上をもたらします。
そして、データドリブン経営によって、IoTやAI、ブロックチェーンなど最新の技術を活用した戦略的アプリケーションが創出されます。
企業の中枢神経と戦略的アプリケーションが会社の神経系統を作り上げ、さまざまな業務課題を解決するために必要な情報を効率的、かつ、効果的に提供します。

これら、企業情報基盤、データドリブン経営、戦略的アプリケーションの3つがDXの土台となり、既存事業の変革や新規事業の創出を通して、顧客価値を創り出し、その結果、企業価値を増大させます。

企業情報基盤

まず、DXのベースであり、企業の中枢神経となる企業情報基盤を確立します。

企業情報基盤は、論理的な基盤と物理的な基盤に分かれており、論理的な基盤は、エンタープライズアーキテクチャ(EA)です。
次に、物理的基盤ですが、これは、EAのテクノロジーアーキテクチャ(TA)の要素であり、次のように分かれます。

IT基盤

IT基盤は、アプリケーションやデータを支える基盤で、主にH/W、ネットワーク、OS、ミドルウェアから構成されます。
システムの信頼性や拡張性を確保するためにクラウドコンピューティング技術を活用することをお勧めします。

コミュニケーション基盤

コミュニケーション基盤は、電子メール、チャット、Web会議システム、生成系AIなど、社内のコミュニケーションを効率化するためのアプリケーションによって構成されます。

データ管理基盤

データ管理基盤は、企業全体でデータを一元管理するデータ基盤、データ連携の基盤となるデータ連携基盤、データを分析するための環境であるデータ分析環境から構成されます。

アプリケーション基盤

ERP(Enterprise Resource Planning)や、各アプリケーションを連携するESB(Enterprise Service Bus)、あるいは、EAI(Enterprise Application Integration)から構成されます。

ビジネスプロセスマネジメント基盤

ビジネスプロセスを自動化するためのワークフローシステムやRPA(Robotic Process Automation)から構成されます。

マネジメント基盤

次に、データドリブン経営を支えるマネジメント基盤について説明します。
マネジメント基盤は、次の要素から構成されます。

ITマネジメント

ITマネジメントは、IT基盤、および、コミュニケーション基盤の設計をするとともに、主に可用性、キャパシティ、セキュリティの観点で企業情報基盤の物理的基盤の運用・保守を行います。

アプリケーションマネジメント

アプリケーションマネジメントは、EAのアプリケーションアーキテクチャ(AA)を設計するとともに、個別のアプリケーションの開発、運用、保守を行います。

データマネジメント

データマネジメントは、EAのデータアーキテクチャ(DA)データ管理基盤を設計し、データの品質、セキュリティ、経済性を管理します。

ビジネスプロセスマネジメント

ビジネスプロセスマネジメントは、EAのビジネスアーキテクチャ(BA)を設計し、ビジネスプロセスの生産性を管理します。

-DX

執筆者:

関連記事

【実践!DX】DXはどう進めればよいか

ここでは、DXの土台となる企&# …

NoSQLとは何か、わかりやすく解説

少し前からビッグデータと&#12 …

【DMBOKで学ぶ】データモデリング

ここでは、リレーショナル&#12 …

データドリブン経営

これは、データドリブン経&#21 …

会社の業務とシステムを体系的に整理する方法

ここでは、次の観点で、会&#31 …